恋は献身的|主婦でも綺麗になりたい

恋は献身的|主婦でも綺麗になりたい

30代のファッションを考える

冬の間のファッションで、30代からの女性陣の強い味方がタイツです。

 

タイツがあれば少々丈の短いスカートでも恥ずかしくないし、ショートパンツ+生足だとちょっと・・という時でも、タイツを履けばヘルシーなファッションを楽しめます。私は主婦ですが、背が低いです。

 

 

ミニスカ+タイツやショーパン+タイツ、そしてワンピース+タイツという格好は、背が低い女性にとても似合います。

 

 

背が高い女性がこの様な格好をすると、脚が協調されすぎて違和感が出るのです。但しスタイルが良い女性は別です。スタイルが良ければ、足出しスタイルも問題なく楽しめるでしょう。

 

 

私達主婦の中で、スタイルに自信がある人はほんの一握りです。他の女性は皆時分のスタイルに自信がありません。

 

 

こんな時にタイツは強い味方で、カジュアル志向なら厚めデニールやコットン素材のタイツが合います。今年は更に足元をスニーカーにするのがポイントです。フェミニン思考なら少々透け感がある、60デニール位のタイツが似合うでしょう。

 

 

足元をパンプスにすれば大人っぽくきまります。但し、この様なファッションを楽しめるのはタイツを履ける真冬のみです。暖かい春が来たのに足元が未だ分厚いタイツだと、どうしても野暮ったく見えてしまいます。

 

 

重々しいファッションで春を迎えるのは季節外れなので、生足に自信がない主婦でもタイツを履くのは避けるしかないです。

 

 

しかしいきなり生足をさらけ出す自信はありません。こんな時は、とりあえずパンツ派に逃げるもの1つの方法です。脚で年齢を感じるのは膝の部分ですので、ミモレ丈スカートで膝を隠すのも良い方法です。

 

 

ミモレ丈スカート+ソックス+パンプスという組み合わせだと今年っぽくなってお勧めです。

 

 

生足に見えるストッキングを履くもの良いですが、ストッキングの色選びに気を付けましょう。

 

 

白っぽいカラーを選ぶとおばさんぽく見える可能性が高いので、自分の脚に合う色のチョイスに気を使って下さい。

 

エステの体験談

私がエステでの脱毛をする際に毎回感じる不快感・・仕方ないけれど、脱毛時に塗布される冷たいジェルが苦手です。

 

あのジェルにはお肌を火傷から保護する役割があり、またお肌の潤いを保つ役割も担っています。

 

 

脱毛に成功しても、カサカサで荒れている肌になってしまったり火傷をしてしまっては意味がありませんから。

 

 

この様な理由から、多少の冷却ジェル塗布は我慢が必要です。しかも私が通っていたサロンは、冷却ジェルにヒアルロン酸などの美容成分が贅沢に含まれています。冷却ジェルが1つの“売り”だったのです。

 

 

この様な理由からか、脱毛時に塗布する冷却ジェルの量が凄い!しかも冷たい!ひんやり冷たい♪じゃなく、身体中が冷えて冬は大変です。脱毛サロンで施術する日の夜は大抵体調を崩し、風邪状態が続きました。

 

 

夏でも低い温度設定の冷房と冷却ジェルのダブルパンチで、結局体調を崩しました。拭き取りをしてもらってもベタベタして気持ち悪いし、脚脱毛の後にタイツやストッキングを履くのが凄く嫌でした。

 

 

そんな私の救世主となったのが、ジェルを使用せず脱毛できるサロンの存在です。冷却ジェル攻撃のサロンに随分通ってからジェル不要サロンの存在を知ったので、小さい範囲での脱毛しか契約できませんでした。

 

 

それでも冷却ジェル不要の快適さが身に染みて分かりました。寒くないのは勿論、施術時間の大幅な短縮にもなります。

 

 

ジェルを塗布しない代わりにしっかりと冷却しながら脱毛するので、痛みも軽減されます。この様な最新式脱毛器を使っているサロンはまだまだ少ないですが、これからきっと増えていくでしょう。もう冷たいジェルを塗りまくられての脱毛はこりごりです。

 

 

この先1人でも多くの女性に冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛の存在を知ってほしいと思います。

 

 

失敗しない脱毛エステ選びのコツ

 

愛を深めたい

好きな人が出来て両想いになったら、やはり愛を深め合いたくなりますよね。

 

清い恋愛も良いけど、お互いがある程度の年齢になれば大人としての関係になりたくなるのはむしろ健康的な事です。

 

しかししっかりとした知識をもって性行為をしないと、後で後悔するかもしれません。

 

性行為リスクの1つ目は妊娠です。男女が性行為をすれば妊娠の可能性が出るのは当然の事で、予防としてはコンドームの正しい使用が最も効果的です。他にもピルや子宮に直接はめる避妊リングも挙げられます。

 

 

ピルは排卵をコントロールして妊娠時期をずらす役割になりますが、ピルの副作用が危惧されます。

 

 

避妊リングは子宮内膜卵管に異物を入れる事で受精や着床を防ぐものです。生理が止まる事で女性の身体に害が起こると訴える人もいますし、日本ではあまりメジャーではありません。

 

 

やはりコンドームの着用が最も効果的かつ安全でしょう。2つ目のリスクは性病です。

 

性病を予防する方法としても、やはりコンドームの正しい着用が望まれます。避妊においても性病予防においても、コンドームの正しい使用が重要となるのです。

 

 

 

では正しい使い方とはどういう方法か知っていますか?挿入直前にささっと着用しても効果はありません。酷い場合は射精直前に装着すれば良いでしょ?なんて意見も。いや、もうそこまでいったら装着している場合ではない筈ですと突っ込みたいです。

 

 

 

正しいのは、男性が勃起したらオーラルセックスやアナルセックスも含めて相手と接触する前にコンドームを装着する事です。しっかりと空気を抜いて根元まで装着して下さい。激しすぎて途中でコンドームが破れた・・との意見もあります。

 

 

そのような事態にならない様、品質が保証されたいるJISマークのついているものを選択し、使用期限も確認して守る様にしましょう。

 

 

 

ラブホにおいてあるコンドームを使う人もいますが、出来ればマイコンドームを所持していてほしいです。

 

 

使用期限を守らず着用して性行為をした結果ゴムが破れた!という事は結構あるのです。ゴムですから劣化するのは仕方ありません。使用期限を常にチェックしておく事です。せっかく好きな人と結ばれる幸せを味わうのですから、健全かつ安全な大人の関係を保ちましょう。

更新履歴